海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストックホルム観光
2006年06月30日 (金) | 編集 |
前回の船に乗り込んだ後の続きです。一晩明けて船のデッキに出てみると

IMG_4657.jpg


船は群島の間をぬいながらストックホルムへ向かっているところでした

うーん、晴れているし気分爽快

IMG_4662.jpg IMG_4664.jpg


港には定刻の朝9時半に到着。ここからおいらは母親達と同じツアーに参加しました
船を他のツアー客と降りると、もう観光バスが待っています
え、ツアーだから当たり前だって?

IMG_4672.jpg IMG_4673.jpg

ツアーって楽やねえ

ちなみに前にストックホルムに行ったときには、スウェーデンクローネがなかったので歩いて市内に向かいました

banner_02.gif応援よろしく

ツアーバスは港からストックホルム市街へと向かいます。ガイドさんは、スウェーデン人を旦那さんに持つ日本人の方でした。市街へ向かいがてら、通りの名前や観光名所を説明してくれますが、地図見ながらでもどこ走っているか把握するのは大変やわ

最初の目的地は、市庁舎(左)であります。前にストックホルムに来たときにもここには来たんですが、ツアーでもやっぱここははずせないってことね。説明が日本語なので聞いていて気が楽だわ~。でも説明が駆け足で、いかにもスケジュールどおりに行かないと時間が足りませんって感じの案内だったなあ。市庁舎見学の後は、20分ほどの自由時間で、市庁舎周りを散策。晴れていたので、市庁舎前のメラーレン湖(右)もきれいでしたね

IMG_4676.jpg IMG_4692.jpg

市庁舎見学の後は、旧市街(ガムラスタン)へ。バスでさっくり移動して、ガイドさんの後について、説明を受けながら旧市街を散策します。といっても時間的に40分ぐらいだったかなあ

まずは、王宮前からスタートして

IMG_4699.jpg IMG_4713.jpg

ノーベル博物館の前の広場まで説明を受けながら移動。そこで「ストックホルムの血浴」の説明が済んだ後にようやく自由時間。といってもここでもたったの20分。20分でガムラスタンの何を見ろってのよ

前に来たことがあったので、ガムラスタンの見所の一つ「ガムラスタン一狭い路地」に母親達を連れて行きました

IMG_4712.jpg


そして、再び集合してガムラスタンのレストランへ。メニューはスウェーデン家庭料理のミートボール。学食でよく食べるんだよなあ、これ....。味は悪くなかったかな

IMG_4714.jpg


お昼ご飯中にガイドさんと少し話をする時間があったので、ちょっと雑談をしているとおいらの住んでいるヘルシンキについての話題になりました

ガイド:「ヘルシンキって何度か行ったことあるんだけど、本当っに田舎よね~

ま:「ええ、まぁ、確かにね

おいらも田舎とはわかっているけど、ストックホルムに住んでいる奴に言われるとなんか

「むかっ」

ってくるわあ。これが、スウェーデンから見たフィンランドの印象ってやつなのか。いかんいかん、まーらいねんとしての怒りが

でもさー、ストックホルムもめちゃくちゃ都会ってわけじゃないでしょ。どんぐりの背比べって知ってますか?、って言いたくなったわ

あと、シュールストロミングの食べ方も聞いてみました。聞いた方法がおいしいかどうかはともかく、あれは北のほうの食べ物で、スウェーデン全体で食べられているわけではないのに、日本では間違った宣伝(臭いと言う点だけ強調している)の仕方をしているうんぬんと憤慨しておりました。そういう点は正しく伝えるべきだと思いますよね



お昼のご飯の後は、ツアーバスに乗って郊外のドロットニングホルム宮殿見学へ。途中、セーデルマイム島に寄って高台からガムラスタンなどの眺望を楽しみました

stockhokm.jpg




そして、ドロットニングホルム宮殿へ。ここは1662年にスウェーデン王家(グスタフカール10世?失念)によって作り始められたもので、現在でも王家が居を構えている。内部は撮影禁止なので、内部の写真はありませんが....

IMG_4740.jpg

宮殿からの、眺めはこんな感じ。北のベルサイユと呼ばれるだけはありますね。そう呼ばれるのは、当時のスウェーデンはフランスから大きな影響を受けていたからというのがあるみたいですが、ベルサイユをモデルにしたということではないみたいです。実際、大理石の代わりに木を使って大理石のように見せたりとか、独特の工夫はしているみたいです

IMG_4732.jpg


しっかし、ここでもガイドさんの説明が速くてすべてを理解するには及びませんでした。質問の間さえほぼなかったしね。なんか10分の発表を20枚ぐらいのOHP使って話しているみたいだったわ(なぞ。

あれでわかる人っているのかな

後でわかったんですが、この日はワールドカップ、スウェーデン対ドイツの試合があって、それでガイドさんちょっと落ち着きなかったのかも。だって、このガイドさん、昔日本代表の三浦和良が甥っ子だっていうんだから

宮殿の案内の後は、自由時間。のんびり庭を散策しましょう

IMG_4748.jpg IMG_4751.jpg

最後に、ガイドさんにフィンランドにおけるスウェーデン語について聞いてみました。というのも、フィンランドのスウェーデン語は、スウェーデンでは通じないとか聞いたことあるからです

ガイド:「理解できるけど、あのアクセントが耳障りなのよね。」

確かに、こちらのテレビで聞いているのより、単語単語のアクセントが強い気がしますね、フィンランドのスウェーデン語

ガイド:「フィンランド語は、猫の言葉っていうじゃない。私、覚えようとも思わなかったわ~」

ガイドさん、悪い人じゃないけど、スウェーデン上位思想丸出しだよ。ま、旦那さんがスウェーデン人で、スウェーデンに30年住んでいるってんだから、これがスウェーデンのフィンランドに対する態度とともとれるわなー

かくして、ツアーは16時前に終了。ホテルにはすぐについてチェックイン。16時ぐらいってんだから、北欧はまだこれからがお楽しみの時間。でもホテルはストックホルム郊外にあって、ツアー客にはとても市街へ向かうなんて無理ですわ。実際に、ガイドさんも、ホテルでサッカーでも見てはどうでしょう?なんて、かなり消極的な発言をしていましたしね ==> ちょっと不満が残るツアーですよ?J○Bさん(添乗員さんは、いろいろ気を使ってくれたとてもいい人でしたが、旅程などの企画がかなりまずい)

しかし、私がいる限りそうはさせませんよ?

母親達を連れてストックホルム市街へと繰り出しました

続く~

banner_02.gif応援よろしく
コメント
この記事へのコメント
ツアー企画
まーらいおんさん

ツアーを企画される・・・今後の展開が楽しみです!
2006/06/30(金) 08:20:37 | URL | ars #-[ 編集]
天気がよいと風景も輝いて見えますね(たいよう)

しかし…スウェーデンのガイドさんのおっしゃりようはちょっとどうかと…。
わたしも「むかっ(いかり)」ですわ、まーらいねんさん(ひょえ)

ともあれ、夏のストックホルムはやっぱ、美しいところですねー。
北欧で夏至の週の午後4時なんて、感覚的にはやっとお昼ごろ(ひょえ)(それ)まだまだ楽しまなきゃもったいないですよねっ。
2006/06/30(金) 15:46:07 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
スウェーデン代表して・・・スンマセン(しょぼ)
と言っても、私らがスウェーデン行ったときもスウェーデン在住の日本人ガイドさんの多くは(あれ)と思うこと多いですが・・・。
2006/06/30(金) 19:30:28 | URL | saichan #-[ 編集]
はは、確かにヘルシンキって名古屋より小さいし(わーん)それは認めるっす。(あせ)
ま、スウェーデンにお住まいならフィンランド語を覚える必要もないですから学習意欲がわかないのもわかりますよ。(こーひー)
スウェーデン語はいいですね。ゲルマン系の言葉ですから、英語に似ているし覚えられて当然です。その点、フィンランド語には強い持続力と記憶力が必要ですから。(ういんく)
ツアーは荷物を運んでくれて良いけど時間がないのが難点ですね。
2006/07/01(土) 02:46:02 | URL | 華南 #-[ 編集]
■arsさん、

時間的には限られていたんですが、楽しい夕方のひと時を過ごせました。お楽しみに(ういんく)
2006/07/01(土) 03:20:28 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■mfさん、

ま、国それぞれ見方はあるでしょうけど、あの物言いがね~(しょぼ)

この日のストックホルムはとっても良い天気でしたから、ホテルでサッカー観戦なんて私の本能が許しませんでしたよ(ひょえ)(それ)
2006/07/01(土) 03:22:57 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■saichanさん、

ちょっとガイドさんの印象が悪かったから書きすぎてしまいました(うる)。saichanさんも、そういったガイドに当たることが多いのですか(しょぼ)。なんなんでしょうね、まったく(うる)

それとは関係なく、ストックホルムはもちろんきれいなところでしたよ(ういんく)
2006/07/01(土) 03:26:11 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■華南さん、

名古屋って100万都市ですよね(まじ)。ストックホルムよりもでかいのでは?(ひょえ)(それ)
それに名古屋には、アニ●イトもあるでよ(いかり)
スウェーデン語はゲルマン系だから、そりゃあ英語の知識は大いなる助けになるでしょうねえ(まじ)
フィンランド語もそうですが、チェコ語も一から覚え直しが多かったら大変だったわ(げー)
ツアーはやっぱ時間がないのが一般的なのね(うる)
次は、一人出来てもらおうとおもいます(まじ)
2006/07/01(土) 03:28:57 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
駆け足観光、お疲れ様でした~;;
息つくひまもなくて、何が何やら分からない(あれ)状態だったのでは? (はず)

しかし、外はまだまだ明るいだろうに、16時に郊外のホテルで解散、って。。(あせ)
まーらいねんさんがいて、よかったですね。
2006/07/02(日) 15:52:18 | URL | valvane #3un.pJ2M[ 編集]
■valvaneさん、

ツアーというのはどうもこういうものらしいですね(うる)
息つく暇もなく、次から次へと....。なかなか頭には残りにくい
ですね(しょぼ)

ホテルが郊外だったのはちょっと不満ですが、最終的には
市街に連れ出すことが出来たし、ここまでのツアーは概ね
満足かな(ん)
2006/07/03(月) 00:31:10 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。