海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらばサンクトペテルブルグ
2006年10月22日 (日) | 編集 |
サンクトペテルブルグ旅行記最終回です

ペトロドヴァレッツを満喫した後は...

IMG_7151.jpg



町に戻らないといけない訳ですが、またあの高い高速艇に乗るのはちょっと嫌です。未だ貧乏旅行をやっていた頃の癖が抜けずに、ついついケチってしまう

banner_02.gif応援よろしく
といっても安く帰る方法も情報もありませんので、門に立っているおばさんに聞いてみました。地下鉄の駅名を見せて、そこに行くバスがないか聞いてみるとどうも地元バスがあるようです。ロシア語で言っていたので、なんだかよくわかりませんでしたが、方向だけはわかりました。取り敢えず、その方向に歩いていくと、バス停がありましたが...

いろんな路線があって、どれが町に戻るやつかわからん

仕方ないので、バス停で立っている親切そうなお姉さんに聞いてみました

お姉さん:「うん、わかった。バスが来たら教えてあげるわね」

これも、やっぱロシア語ですが、そう言っているように聞こえましたんで、待っている事にしました。しばらく待っていると、

お姉さん:「このバスが地下鉄の駅の ABTOBO まで行くわよ

そこまで行けばホテルに戻れる~、と安心してバスに乗り込む我々。お姉さんも同じバスだったようで一緒に乗り込みます。

さて、次はチケットだ....。フィンランドでは運転手から買うので、話しかけてみると

「車掌から買いなよ

だそうで。ロシア語でも車掌って「コンダクター」っぽい単語なのね

というか、車掌がいるんかい。確かに、今乗ってきた乗客にチケットをさばいています。そして車掌専用の座席が...

ま:「ABTOBOまでー

車掌:「★*%&$%#@?」

何言っているかわかんねーって

まー、お金を払えって言っているんだろうからとお金を渡そうとすると

車掌:「&&$#○★!!

足りないって?

U君の分と一緒に払えってんですか?

こちらがロシア語が話せないというが悪いと言わんばかりの怒りぶり。最終的には、お金が足りないとわかって事なきを得ましたが、チェコ語に近いはずのロシア語の数字も聞き取れなかったねえ

かくしておいら達は無事にABTOBO駅に到着。ここでも、さっきのお姉さんが降りることを教えてくれました。親切なお姉さんと、すぐに怒る車掌のおばさん。いやー、いろんな人がいるねえ

IMG_7153.jpg


結構有名な話だと思うんだけど、ロシアの地下鉄のホームはきれいねえ

IMG_7156.jpg

でも、これはちょっと怖いなあ

IMG_7164.jpg


これ地下鉄のホームですが、このドアの向こうにレールがあって、電車が着いたときだけドアが開く。進行方向がわかりにくいので旅行者には辛いし、何よりも怖いです

さて、無事のホテルに到着して、ヘルシンキ行きの出る駅までの送迎バスで岐路につきました

駅に向かう途中に、スモーリヌイが見えてきました。ここは今回時間が無くて見られなかったなあ。ロシア革命が起こったときに、あそこが作戦本部になって、レーニンやスターリンが指揮を取ったそうです

IMG_7183.jpg


電車に乗り込んで5時間後ぐらい無事にヘルシンキに到着。

IMG_7200.jpg


途中、国境ではロシアの税関の係員が、乗客一人一人に何を買ったのか聞いてまわっていました。入念な調べようね

フィンランドの国境警備隊には、

警備員:「オゲンキデスカ?ナンニチフィンランドニイルデスカ?」

と日本語で聞かれました。何日どころか、今住んでいるんだよと言っておきました。そしたらフィンランド語で捲し立てられて、理解不能に

しっかし、お元気ですかって外人に言われていつも思うことは、日本語で How are you ?っていわねえんだよなあってこと

ともあれ、2泊3日のサンクトペテルブルグ旅行は終了。これでフィンランドに接するすべての国は制したことになります。ロシアは3回目の訪問でしたが、フィンランドから鉄道で行ったのは初めてということで

banner_02.gif応援よろしく
コメント
この記事へのコメント
最後の最後まで、色々あったんですねぇー。

しかし、地下鉄のホームのドアは、まったくわからん
ですな。

私のように方向音痴な人間は、必ず間違ってしまうこと
うけあいです(´Д⊂グスン

まーさんとは何度か海外を共にしてますが、いつも感心することはまーさんの感の良さです。実際はその感
は豊富な海外経験のなせる技なんですよねー。

サンクトペテルブルグ旅行記を読んであらためてそう
思いましたよ。
2006/10/22(日) 12:16:29 | URL | CORO #-[ 編集]
おおお!
やっぱり、きれいな前の記事の花嫁さんも年を取ればそうなるってことで・・・・・・・・月日ってこわいわあ(ぎょ)
優しい人に会えるって嬉しいですよね。
2006/10/22(日) 16:50:17 | URL | Sette #5CL6Djkk[ 編集]
>これでフィンランドに接するすべての国は制したことになります
 (けーき)おお~(ほし)おめでとうございます。

今回のは特に、エピソードの隅々に
まーらいおんらしい というか まーらいおんならでは というか 
旅人まーらいおんの完熟ブリ! というか、何やら貫禄を感じました~。
いやはやたくましいです。。。

ところで、どの写真をみても、縮尺が。。。 皆 人が、相当 でかい ?!
2006/10/22(日) 21:24:36 | URL | やりみず #-[ 編集]
■COROさん、

地下鉄はおいらも最初は訳わからなくなっていましたが、使う駅は大体同じだし、何度も使っているうちに慣れました。最初はキリル文字のせいで本当に混乱しました(あれ)

海外経験豊富ってことはないですよ(まじ)
いろんなところ行きましたけど、ロシアはやっぱり緊張しますねえ(あれ)

■Setteさん、

中年層の方は共産時代に教育を受けたからなのか、年をとったからそうなったのか(あれ)
チェコもおばさんは、怖いことがありますが大抵は愛想が良かったんですけどねえ(うる)
お姉さんの写真を撮っておけばよかったと思ったのは内緒ですよ(ひょえ)(それ)

■やりみずさん、

完熟ぶりですか?(あれ)
いやいや、まだまだスキルアップしなければならない点がいっぱいですよ(ぐらさん)

ロシア人は、やっぱ大きいんですかね(あれ)
オランダ人のほうがでっかい人いっぱいだと思うので
オランダに行くともっと縮尺が変になるかも(ひょえ)(それ)
2006/10/23(月) 04:45:03 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
これを見るとなんだか行きたくなります・・・
ロシアに行ったら絶対地下鉄に乗ってみたい!
駅構内もなんだか宮殿チックでゴージャスですね~
そしてあのホームはなんだか妙でおもしろすぎ。

そしてそんな場所でもなんとかなっちゃうまーらいおんさんってすごい!
2006/10/23(月) 23:07:33 | URL | Non #pQpZY72.[ 編集]
■Nonさん、

ロシアの地下鉄はきれいなところが多いと思うので
是非行かれたら見てみてください(ん)
でも、泥棒には気をつけてくださいね(うる)
あのホームも慣れないと怖いと感じてしまいます(ぎょ)

>そしてそんな場所でもなんとかなっちゃう
>まーらいおんさんってすごい!

本職が旅人ですから(ひょえ)(まて
2006/10/24(火) 01:44:35 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
あっ、スモーリヌイ! これエカテリーナ大帝が設立した、貴族の子女のための学校・・・だったのでは?
またいきたくなりました、ペテルブルグ。 でも夏に(にこ)。
「ネヴァ河」の語源って、フィンランドで ねばねばした(シャレと違います)とか、どろどろの。って聞いたんですけど、ホントですか?(めがね)
2006/10/24(火) 04:35:29 | URL | Mari #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。