海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウプサラ観光
2006年11月05日 (日) | 編集 |
ウプサラ滞在最終日の報告です

最終日といっても、今日は午後の便でヘルシンキに戻るだけなので余った時間でウプサラ観光をしました

おいらが行ったときには紅葉真っ盛り。古い町並みが残る場所は紅葉とのコントラストがきれいでした

IMG_7254.jpg


banner_02.gif応援よろしく
こちらはウプサラ城です。でも、ここ夏しか見学できないんだよね。夏しか城は見学できないというのはチェコでもそうだったんですが、欧州全般の事情なんですかね。チェコでなぜ冬は開けないのか聞いてみたことがあるのですが、中の施設(絵など)が痛まないようにするためだそうで

IMG_7271.jpg


ウプサラ城からの教会を望みます。城からは、町を見下ろせますが大した眺めではありませぬ

IMG_7288.jpg


北欧最大の教会、ウプサラ大聖堂。どことなく作りがプラハのビート教会に似ている気がしますが、教会の作りなんてどこも一緒なんですかね

IMG_7295.jpg


教会の側には、グスタヴィアヌムという歴史博物館があります。ウプサラ大学のかつての中心だったようで、植物分類学のリンネ、摂氏温度計の尺度を作ったセルシウスを輩出した舞台ということです。いやー、由緒ある大学なんですねえ

IMG_7297.jpg


博物館の側にはルーンストーンというものがありました。なんか意味ありそうな感じはしましたが、結局なんだったかはわかりません。後ろに見える建物は大学本部です。銅像はリンネなのかな?

IMG_7308.jpg


この後、リンネの博物館に行こうと思ったのですが、こちらもオープンは夏の間のみ。夏の間しかやらない博物館ってなんなのよ

最後におまけを

ストラ広場の近くのデパートオーレンスには無印良品がおいてありました。欧州に無印良品って進出していたんですね。日本語で商品名が書いてあるのが、驚きだった

IMG_7238.jpg


皆さんお待ちかね、例の缶詰「シュールストレミング」です。スーパーで普通に売っているんですね。あ、もちろん買っていませんよ

IMG_7323.jpg



banner_02.gif応援クリックよろしく
コメント
この記事へのコメント
おお!
温かい色合いの教会ですね。タワーの細くなるのが滑らかな感じで面白いです(にや)
あの缶詰、普通に売ってるんですね。発酵しすぎると破裂することも・・・・ってことみたいですけど、スーパーで破裂しちゃったりはしないんですかね~?
2006/11/05(日) 17:02:07 | URL | Sette #MZqWOFlo[ 編集]
■Setteさん、

茶色の教会って確かにはじめてかも(まじ)。実はヘルシンキにも似た様な教会がありますが、北欧にある教会の形式なんですかね(まじ)
破裂はどうでしょう(あれ)。冷蔵してあったので、それほど発酵は進まないと思いますが、ある程度経ったらやっぱ撤去して捨てるんですかね(げー)
2006/11/05(日) 23:49:41 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。