海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は独立記念日
2006年12月06日 (水) | 編集 |
今日の帰りにバスから外を眺めていると、なにやら市街の方が断続的に光っているので何かいな~と思っていたら、ハカニエミ広場の近くで花火をやっていました

これは明日がフィンランドの独立記念日だからですかね

フィンランドの独立はロシア帝国が崩壊した1917年。独立するまでスウェーデンに占領されるわロシアに占領されるわで、他の欧州の小国家同様、大国の挙動に振り回されている有様でした。独立したと思ったら、労働者階級と有産階級で内戦が勃発。労働者階級がソ連への参画を希望していたところ見ると、こいつは大国ソ連の差し金ですかね?。この内戦で、白軍(有産階級)を率いて勝利に導いたのが、通りの名前にもないっているマンネルヘイム将軍です

内戦が終わっても落ち着くことはなく今度は第2次世界大戦です。ソ連に基地作らせろーと脅しとも取れる要求を拒否して、ソ連側から攻められて泣く泣くカレリア地方を割譲されます。そして、その後はナチスドイツとソ連の戦いが始まると、ドイツ軍を駐留させていたフィンランドも強制的に参戦。ここでも、活躍するのはマンネルヘイムです。彼はナチスドイツに寄るのを反対し一旦国を追われていたのですが、この戦いでまた呼び戻されていたのでした。彼の活躍もありましたが、最終的には敗戦。多額の賠償金と領土割譲の犠牲を払ってフィンランドの第2次世界大戦は終了しました。余り知られていないと思いますが、そういう意味でフィンランドは第2次世界大戦敗戦国だったのです

戦後もまたいろいろあるのですが、戦後の歴史については過去記事のこちらへ

という訳で、フィンランドの独立には実に多くの紆余曲折があるのです

明日は独立記念式典が大統領官邸で行われますが、その様子は明日のブログでお伝えしましょう

banner_02.gif1日1クリック応援よろしくお願いします
コメント
この記事へのコメント
親善大使
まーさんのおかげで、フィンランドのことを少しでも
知ることが出来て、嬉しいです。

フィンランドでは民間の親善大使として、日本のことを
フィンランドの人たちに身を持って示しておられるのですね。
2006/12/06(水) 06:08:56 | URL | ars #-[ 編集]
■arsさん、

フィンランドのことをいろいろ知ってもらえたらうれしいです(ん)
いつの間にやらおいらは親善大使になってしまっていましたか(ひょえ)
フィンランドの辛口コメントをもう少し控えなくては(ひょえ)
2006/12/07(木) 06:24:17 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
辛口?
辛口のコメントありましたか?
まーさんからは愛情ないし親愛しか感じられませんよ。
サルミアッキのことかな?!
2006/12/07(木) 20:57:58 | URL | ars #-[ 編集]
■arsさん、

そう受け取ってもらえるなら幸いです(ぺこ)
一時期(特に去年の病気のときに)にかなりきついことを
書いていたので(病院の対応の悪さ、食事のまずさ、
物価の高さなど)、それを指して辛口コメントと書きました。
ただ、良いことも悪いことも全部書いているつもりなので
特に偏った情報を書いているつもりはありません(ん)
サルミアッキは良い悪いというよりネタですかね(ひょえ)
2006/12/07(木) 21:27:47 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。