海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには研究生活など
2007年02月13日 (火) | 編集 |
今日は、H財団申し込みのためにドイツのホスト教授とやりとり(まじ)

割とドイツでは有名だと思ったけど、あまり詳しくは知らなかったみたいで

「受け入れ承認以外に何やればいい?」

と聞かれたので詳しく説明するメールを書く。私の英語の説明より、財団のドイツ語の説明ファイルを送ればよかったと送った後で気付く私(ひょえ)

これの申し込みに推薦書が3通から5通必要だけど、5人の方にお願いしますた(むふ)。チェコにいた時のボスにもお願いしたんだけど、彼は相変わらず返事ないなあ(あせ)。明日電話で聞かないといけないとな(しょぼ)

後は、ホスト教授と私が書いた研究計画を練り上げて提出。2月中か3月初めに応募できるかどうかってところかな?(ううん)




ホスト教授にメールした後は、雑誌に出した論文の手直し(まじ)
自分の論文が雑誌載るかどうかは、レフリーと呼ばれる人が我々の論文を読んで判断します。一発で

「この論文を雑誌に載せるの推薦しまーす」

とあっさり通る時もあらば

「あんさん、ちょっと直さないとあきまへんなー」

とか、はたまた

「おみゃーさん、これ載せられないだなも」

ってこともある。今回の我々の論文は2番目のパターン。こういう時は、レフリーが最初に持った印象を崩さないように、しっかり直せば通る、ってのがおいらの経験(ひょえ)(それ)

今回の論文は、メインでやっていることとは少し離れているので、論文についてかなり細かいことまでレフリーに指摘されますた。でも、かなり親切な指摘だったので、論文の完成度も上がるし、自分の勉強にもなりました。こういうレフリーさんは感謝感謝です(ん)

かつて

「この論文イミネー。よってリジェクト(雑誌に載せられない)」

とか理由も無しのレポート送ってくるレフリーとかいましたが、それもどうなのよ?(;´Д`)←自分の論文の質を反省しない人

さーて、そろそろ次の論文を書かないといけないぞって(ううん)

それとU君とオーロラツアーの相談もするか(むふ)←研究とは関係ない

banner_02.gif1日1クリック応援よろしくお願いします

コメント
この記事へのコメント
審査
レフリーの性格が如実に表われているような
「意味ねぇーよ、よってreject」ですねぇ(げー)。
どこが意味ねぇーなのよ?指摘してもらわないと
分からないでしょうが・・(はず)・。
教育者的な配慮が感じられない場合もあるという
ことですにゃ~~(あれ)。

手を入れて載せてもらえるようで、良かったですねぇ(うふ)(はくしゅ)!
2007/02/13(火) 08:37:09 | URL | ars #3fZCM/1w[ 編集]
まーらいおんさん、はじめまして。ずいぶん長い間読ませていただいています。私の旅の記憶のヘルシンキを思い出したり笑ってしまったり、でも一番素敵なのはまーらいおんさんきっと辛いだろうなと心配しながら読んでいてもいつもとってもソフトな語りでかえって私が励まされることです。ほんとに光の春がはやくきますように祈っています。
2007/02/13(火) 11:11:36 | URL | おーさか #FDDq9IZE[ 編集]
色々な人が
いるんですね、どの世界にも。(はず)
論文を書いた人への返事、理由は買い手ほしいですね~(あせ) ちゃんと読んだんだろうね~?とか思っちゃう。(ぐー)
2007/02/13(火) 23:32:40 | URL | Sette #MZqWOFlo[ 編集]
■arsさん、

確かに何も書いてくれないのは、当時頭に来たのですが、自分の論文にもそれなりに原因があったと思うので、今はよい勉強だったと思うことにしています(しょぼ)。でもやっぱり理由は書いてほしい(はず)

もう一つの論文も早くアクセプトしてもらえるように出さないと(ん)

■おーさかさん、

いつも読んでいただきありがとうございます。このような皆さんのコメントにいつも励まされていて、ブログをやっていてよかったなあとしみじみ思います。本当に光の春を迎えることができたときには、ここで喜んで報告したいと思いますので、応援よろしくお願いします(ぺこ)

■Setteさん、

はい、いろいろいます(はず)。なんでまともな返事をくれなかったのか、未だに分かりませんが、同じ論文を他の雑誌に出したときには、真っ当な返事が返ってきたので、個人によるものなんでしょうね(しょぼ)。ちゃんとよめー(いかり)(ぐー)と突っ込みたくなりますよ(ぶー)
2007/02/14(水) 04:27:35 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
お疲れさまです
はじめまして、ひげめっこと申します。
長らくROM専門でしたが、初コメントです。
専門は異なりますが、私もレフェリーをしたり、されたりです。
なかなかきれいな主張はできませんが、あせらないで頑張りたいですね。
今後とも宜しくお願い致します。
2007/02/14(水) 23:21:42 | URL | ひげめっこ #-[ 編集]
学者もたいへんね!
学者さんも、いろいろとたいへんね。(生存競争が厳しいみたいね!)最近は博士号をとったら、大学の講師の仕事がすぐ待っているって訳にはいかないみたいだね。ご苦労様です。

ところで、イギリスでは、最近、学生の間で、理系離れが思いっきり進んでるみたい。物理や化学、数学を教える教師も万年不足しているし。このままいけば、将来イギリスでは、理系の能力が必要とされる分野における人材の確保が、非常に難しくなるって、新聞やニュースでいって頻繁にいっています。

2007/02/15(木) 02:10:26 | URL | kobuta #V.0IuFoQ[ 編集]
■ひげめっこさん、

こんにちは、いつも読んでいただきありがとうございます(ぺこ)
えっと、もしかしてわにめっこさんの旦那様でしょうか(びっくり)
間違っていたらごめんなさい(ぺこ)
ひげめっこさんも研究者でいらっしゃるんですね。今後ともこのつたないブログをどうぞよろしくお願い致します(ぺこ)

■kobutaさん、

博士号を取った後に、すぐに職につけないのは分野によるのかもしれません(あれ)。しかし、我々の分野は確実に難しいものといえると思います(まじ)

理系離れについては、日本もそうだと思います。高校での物理の先生の採用枠など極端に少なく、将来が危惧されるところです。どこぞの省庁がどんどん理系離れを推し進めるようなことをやっていますしねえ(今の数学の教程は難しいからもっと易しくとか文型の観点から物を言ったり(はず))。
2007/02/15(木) 07:23:28 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。