海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すき焼きを食う
2007年02月16日 (金) | 編集 |
今夜はすき焼きー(いかり)

と意味不明な始まりですが、実際に日本食レストランにすき焼きを食べに行きました(ひょえ)

というのも、私の叔父さんが仕事の都合でヘルシンキにやって来られたからです(むふ)。この叔父さん、毎年この時期にヘルシンキにやって来るのですが、昨年もやっぱり来ていて、ヘルシンキ一の高級レストラン「シプリ」に連れて行ってもらったのです(すき)(昨年のレポートはこちらへ

今年は、取引先の人と一緒に食べに行くことになって、その人が日本食が好きだということで、日本食レストランに行くことになりました。我々が選んだレストランは「古都」というところです。日本人の間ではかなり有名なレストランではないでしょうか(むふ)

そして写真をこのブログに載せたかったのですが、痛恨の電池切れ(ひょえ)

肝心なときにチェックし忘れたー(わーん)

こうなれば、食えるだけ腹に詰め込んでやるじぇー(すき)


叔父さんと社員のSさん、取引先のフィンランド人Uさんの4人で、すき焼き定食を頼みました。それと日本酒ね(すき)

すき焼き定食は、お通しの「しゃけの煮付け」に始まり、しゃけの刺身、てんぷら、手巻き寿司と出て、最後にすき焼きが出てきました。どうでもいいが最初にしゃけが出すぎ(ひょえ)。しゃけの油でお腹一杯になっちゃうよ(げー)

すき焼きに到達するまでのメニューはむしろ前座で、ここで倒れるわけにはいきません(まじ)。お酒の量も控えつつ、なんとかすき焼きを迎え撃つことが出来ました(むふ)

すき焼き鍋に油を引いて、肉を焼いて、すき焼き汁をじゅわーとたらしますよ(すき)

周りのフィンランド人が何事かと注目します(はず)

肉をはじめとしてすごい量で、白菜をすべて食べきるまでは至りませんでした(びっくり)

ここで取引先のフィンランド人の方が一言。

「なんで、すき焼きってここで自分達で煮る必要があるの?(あれ)。調理場で煮てきてすぐに食べられるものを出せばいいのに、ここで自分達で煮る理由が分からん(はず)」

それはごもっともな理由(まじ)

いやいや、あなた(むふ)(まて)

煮る過程を楽しむこともすき焼きの楽しみの一つなんですよ(いかり)

煮ながら、みんなと楽しげに会話を交わしつつ「あの肉はオレのものだ(ぐらさん)」と虎視眈々と狙うこの駆け引きが楽しいじゃありませんか(むふ)(マテ

そしてそれが取られた日にゃー(ぎょ)

それはオレが育てていた肉なのだー(いかり)

と場が盛り上がること必然でありますよ(むふ)

なんて、説明をしていませんよ、はい(ひょえ)(まて)



ともあれ、我々はすき焼きで大満足(むふ)。叔父さんいつもご馳走になります(すき)

来年まだここに私がいたらよろしくお願い致します(ひょえ)(それ)


banner_02.gif1日1クリック応援よろしくお願いします
コメント
この記事へのコメント
すき焼き!?
すき焼きですかぁ。。いいですねぇ。
こっちではあれほど薄い肉とか買えないし、家ではできないですねぇ。かといって外で食べるほどのお金も無くわびしい限りです(笑
2007/02/16(金) 06:04:23 | URL | Syberg #-[ 編集]
こんにちは。
すき焼き。いいですね~。
東京はぽっかぽっかですよ。
鍋気分もイマイチ盛り上がりません。

煮るのがわからん・・・。
確かに~と思いますが、
フィンランド人もバーベキュー大好きじゃないですか。
あれと同じ気がします(笑)
2007/02/16(金) 10:12:00 | URL | hiyohiyo #B1scgdwo[ 編集]
すき焼き
随分とご無沙汰してます(かなし)なかなか食べません・・・・・。体も温まるし、美味しいし、いいですよね、煮る系は。でも、肉については戦いです。撮られてはいけません(ひょえ)
2007/02/16(金) 23:17:58 | URL | Sette #MZqWOFlo[ 編集]
あ、おいしそうですね~。でも、まーさんのおしゃべりのほうが美味しいんじゃないかな~きっと。読みながらクスクス笑っちゃいました。それにしてもほんとにやさしい叔父様ですね!!うらやまし!
2007/02/17(土) 01:26:01 | URL | おーさか #FDDq9IZE[ 編集]
■sybrogさん、

薄い肉はヨーロッパ全域に売っていないのではないでしょうか?(あせ)
家の近くのデパートでは、前もって注文しておくと薄切りにしてくれるみたいですが...。このお店でも、ちと薄切りとは言い難いお肉でしたけど^^;

■hiyohiyoさん、

確かに暖かいと鍋って気分ではないですよね(はず)
フィンランドも暖冬は言え、0度ぐらいなので鍋をやるには十分な寒さです、はい(むふ)

バーベキューってそういわれてみればそうですね(びっくり)
今度会ったときにははっきりといってやりたいと思います(むふ)

■Setteさん、

すき焼きは人数いないとなかなかやろうという気になりませんよね(あせ)
私は日本に帰ったときに食べなかったので、実に数年ぶり、いやそれ以上ぶりだったかもしれません(まじ)
今回、そういうわけでわき目もふらずに肉を食いまくりました(むふ)

■おーさかさん、

いやー、私話すには話をしましたけど、うまいうまいだけを連発していただけかもしれません(ひょえ)
「それだけ喜んでもらえたら、こちらとしてもうれしい」とまで言われてしまった(ひょえ)
叔父さんには本当によくしてもらっています。来年もまた会えるといいなあ(ん)
2007/02/17(土) 06:02:22 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
古都
ヘルシンキの日本食レストラン古都。
名前からして格調が漂いまする~。

う~ん、鮭が最初に一杯運ばれてくるのは合点が
行きませんねぇ(ぎょ)。
アペリティフは少な目が次の食事を美味しくさせるのに!

でも、高価な和食レストランですき焼きを食べることが
出来て、ハッピーでしたねぇ~♪(ぱー)(にや)
2007/02/17(土) 16:46:21 | URL | ars #3fZCM/1w[ 編集]
あたし例えすき焼きだろうと肉は生でいかせてもらうわよwww
2007/02/17(土) 23:49:28 | URL | TMstation #-[ 編集]
■arsさん、

すき焼き定食ということで、お刺身やてんぷらもセットだったんですが、内容的にはすき焼きだけで十分だったかなと思います(まじ)
次に行くときは、すき焼きだけ頼むことにします(むふ)

ともあれ、日本食を食べられるのは幸せなことでありますよ(すき)

■TMstationさん、

肉生でいくんですかい(びっくり)
いい肉だったらそれも選択肢の一つですよね(むふ)
2007/02/18(日) 22:31:53 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
「すき焼き定食」で
お通しの「しゃけの煮付け」に始まり、しゃけの刺身、てんぷら、手巻き寿司と出て、最後にすき焼きが… って、すごいですね。
ボリューム満点(はくしゅ) どころじゃなかったのでは? (あせ)

作る過程を楽しむのって、やっぱり外国では少ないですよね。
日本でだったら、お好み焼きや鍋もそうですし、けっこうありますが。
これも文化の違いなんでしょうか…?
あ、でもクレープのフランベは… 「作る」んじゃないけど、
火がついたままの「作りかけ」を運んできて楽しませたり、
テーブルの上で火をつけて楽しませますよね。(ういんく)

 
2007/02/19(月) 00:39:57 | URL | valvane #3un.pJ2M[ 編集]
■valvaneさん、

ボリュームはありましたが、私の胃袋も大きかったのでおさめることが出来ました(ひょえ)

なんで海外には作る過程を楽しむものが少ないんでしょうね?(あれ)
鍋物をつついて、長々食べるなんてラテン系にはありそうな気が
するんですが(ひょえ)
文化の違いなんでしょうけど、この辺調べると何か出てきそうな気もしますね(ん)

クレープのことは知りませんでした(まじ)
いつも出来たものしか食べたことなかった(はず)
2007/02/19(月) 08:27:32 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
そういえば・・・
すき焼きは元々、野戦料理で、鍬の上で肉を
焼いたところから、この名前になったって聞きました。
鍋も自在鍋というか、囲炉裏を囲んで食べていた頃から、
作りながら食べていて、それが、現在まで続いているの
ではないかしら?!
2007/02/19(月) 10:44:40 | URL | ars #3fZCM/1w[ 編集]
■arsさん、

へー、すき焼きという言葉の背景にはそんな意味があったんですね(びっくり)
鍋も確かに、いろりでやっていたというならば、それが今まで続いたというのも納得できるお話ですね(まじ)
ヨーロッパには確かにいろりはないよなあ(あせ)

2007/02/20(火) 05:03:20 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
すき焼きすき焼き(スキヤキ)とは、肉を浅い鉄鍋で焼いた、あるいは煮る|煮た料理。割下を用いた甘辛い味つけの料理の総称として「すき焼き風」という呼称も用いられる。牛鍋ともいう。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Art
2007/08/08(水) 14:38:42 | 鍋物ファンよ!集まれ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。