海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハ滞在6日目その1
2007年12月10日 (月) | 編集 |
プラハ滞在6日目。今日は土曜日ということで、U少佐と1日プラハを回ることになっている(ぐらさん)

が、朝は例によって私が寝坊(ひょえ)

少しばっかり遅い朝食を取ってから、プラハ市街へと向かった(むふ)

私が案内するお決まりコースはまずここから(ぐらさん)

天文学者ケプラーとブラーエの銅像です(ぐらさん)

s-IMG_2540.jpg s-IMG_2544.jpg


この銅像は、この後行くストラホフ修道院のすぐに側にあります(ん)。しかし、銅像のある通り名がケプラーとは気づかなんだ(びっくり)
ストラホフ修道院の見所は、「神学の間」と「哲学の間」と言う部屋です。こちらは哲学の間の方です(ん)。入場料は80コルナ。写真を撮りたい場合は50コルナも追加します(ううん)。随分値上がったような・・・(あせ)

s-IMG_2554.jpg


修道院からプラハ城までは歩いてすぐ。まずは、修道院からの眺めを楽しみましょう(ん)

s-IMG_2558.jpg


途中ロレッタという教会に立ち寄ったのですが、お昼休憩に入るということなので、先にお城に向かうことに。そしたら、前から交代の衛兵達が(びっくり)

そうだ、お昼は衛兵の交代式だったのだー(わーん)

s-IMG_2577.jpg


プラハ城入り口。しっかし、すごい人やのー(びっくり)←すっかり人ごみに慣れていないフィン人

s-IMG_2580.jpg


まずは、プラハ城の中核でもあるビート教会に向かいます(ぐらさん)。ここでもすごい行列(びっくり)

s-IMG_2585.jpg


教会の中は有料部分と無料部分があったのですが、今はなくなっていました。おかげでチェコの聖人、聖ネポムツキーの棺は見ることができました(むふ)。その代わり有料部分であったカレル3世などのお墓は見られなくなっていました(うる)

s-IMG_2605.jpg


この教会のもう一つの見所は塔からの眺めですが、かつては冬は登れませんでした。今は冬でも開放しているようです(いかなかったけど、多分有料)

お昼でお腹もすいてきたので、お昼ご飯を食べに行くことに(ううん)

おいらはにんにくスープとグラーシュを食べました(すき)。大好きなんですよ、グラーシュとクネドリーキ(すき)

s-IMG_2630.jpg s-IMG_2632.jpg


ビールも飲んで、結局このレストランを出たのは3時でした(ひょえ)

おいら達どんだけ飲んでるねん(ひょえ)

さぁ、後半の観光も頑張るじょ(のみすぎ)ノ

banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)
コメント
この記事へのコメント
プラハ、まー兄さん的には京都飯店はどんなもんでしょうか?
4泊中3回も行ったので、すっかり顔を覚えられましたよ(ぼうし)
おかげでチェコ料理を一度も食べませんでした(うふ)

ストラホフ修道院もロレッタもいいですね(はーと)
ロレッタの鐘の入っているCDを記念に買いました(ぐっど)
2007/12/10(月) 23:01:34 | URL | joku #A.5s70/U[ 編集]
■jokuさん、

京都飯店は行ったことありません(まじ)
場所も知らなかったのですが、カレル橋の近くに
あるみたいですね。
チェコ料理を食べなかったのは残念ですねー(きまずい)

ロレッタの鐘の音が入ったCDですか?そんなの
あったんですね~。とてもよい音を奏でたものが
火事で駄目になってしまったという経緯があるん
でしたかね(まじ)。ロレッタの中にその鐘が
展示されてありますよね(ん)
2007/12/11(火) 08:00:18 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。