海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリア鉄道どうでしょう4-モスクワ観光編2
2008年03月13日 (木) | 編集 |
(ほし)2月26日午後モスクワ(ほし)

クレムリンの入り口トロイツカ塔に行く手前に「無名戦士の墓」と呼ばれるものがある。

s-IMG_3600.jpg


第2次世界大戦などで犠牲になった兵士を弔う墓で、その両側には兵士が直立し警備をしている(まじ)。新婚さんはここに来て花を供えるというのが慣わしみたいだが、今は見られない。前に夏に来たときには見られたんだけど、冬はやっぱ頻度が落ちますかいね(あれ)

無名戦士の墓を通り過ぎて、更にトロイツカ塔に向かうと地名が刻んである石が並んでいるが、こちらは各戦線で犠牲になった兵士を弔う物だろうか(まじ)

s-IMG_3603.jpg s-IMG_3604.jpg


banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します
そしてクレムリン内部へ潜入するべく、チケット売り場でチケットを購入(ぐらさん)

s-IMG_3605.jpg


以前のチケット売り場より随分と立派になりましたかね?(にやり)

クレムリンは入場だけならば300Pであるが、武器庫やExhibitionを見ようと思うと更に350+100Pかかる。武器庫も見たかったけど、こういうものの類はいつも頭に残らないので、クレムリンの入場券300Pのチケットだけを購入(ひょえ)

トロイツカ搭の入り口に向かうと、係員に荷物を預けて来いといわれる。階段を下りて折り返したところに荷物預け所はあった。大き目のかばんで60P。先ほどの係員を過ぎると、今度はX線チェック。クレムリンは今も政治機関が入っているのでチェックは厳しいようだ(ぐらさん)。そして見事に引っかかる私(ひょえ)。仕方ないので、財布などを出そうとすると、行っていいよとの警備員からの指図。日本人は安心というわけかい?(ひょえ)

クレムリンの中で見られるのは教会群と武器庫、展示会。クレムリンの入場券とはクレムリン敷地内の教会群のことを指す。もちろん、教会以外にもクレムリン内のいろいろなスペースが見られる。見られないところは怖い警備員が立っているから入れないとわかります(ひょえ)

こちらが見学できる教会群です(まじ)

s-IMG_3617.jpg


教会の中はきれいな内装やイコン画があるのですが、写真撮影禁止なので表からだけの写真でご勘弁下さい(うる)

s-IMG_3615.jpg s-IMG_3616.jpg

s-IMG_3622.jpg s-IMG_3632.jpg


こちらはクレムリン内にある大きな鐘ですが、割れています。昔、モスクワの火事の時に誰かが慌てて水をかけてしまったために、割れてしまったとのこと。結局、この鐘は鳴ることがなく、このような状態になってしまいました(まじ)

s-IMG_3635.jpg


クレムリンを出て旧KGB本部を見に行こうとしたが、もう足の裏が痛くて歩くのも辛い(あせ)。時間もあまりなかったので、世界遺産のノボデヴィッチ修道院を見に行くことにした。

しかし、クレムリンの外の大通りはすごい車の量だぜい(あれ)

s-IMG_3644.jpg


地下鉄を乗り継いで、駅を降りるも、その修道院がどこにいあるのか直ぐにはわからない(あせ)。修道院の看板は見えるが、駅からどう行ったらわからないので、適当にさまよっていると教会の塔みたいなものが見える。その方向に歩いて、入り口らしきところへ向かうとそこは修道院付属の墓地であった(しょぼ)。この墓地にはフルシチョフ、スクリャービンなどの有名人のお墓があるようであるが、時間もあまりないので修道院に直接向かうことにした。警備員の兄ちゃんに入り口の方向を聞いて入り口に辿りつくと

もう閉まっていた(わーん)


受付締め切り時間にはぎりぎり間に合っていたと思うが、むべもなく入場を断られる(うる)。共産クオリティーめー(いかり)

とてもきれいそうな修道院なのですがねえ(うる)

s-IMG_3656.jpg


ちょっと視点を変えるとスターリン様式の建物が見えますのでそちらで我慢します(むふ)

s-IMG_3655.jpg


この後は、シベリア鉄道での食料を買うべく、モスクワの目抜き通りアルバート通りへ(むふ)

s-IMG_3661.jpg


むー、ここだけ大都会だぜい(あせ)。

ここらでいい加減おいらの足は限界。もうどこかに行こうという気は全く起こらない(あせ)。なので、後は駅でおとなしく出発時間まで待っていることにしました(しょぼ)。18時ぐらいには出発駅のヤロスラブリ駅に到着。足も痛いし汗だくだしだでベッドに体をなげうちたい気分です(だつ)。モスクワに一泊すればよかったかなあとちと後悔(しょぼ))

荷物預け所が開く19時半ぐらいまで待合室でまったりする。19時半ちょっと前に待合室を出て荷物預け所に行って荷物だけ受け取る。あー、おもてー(あせ)。そしてまた待合室に戻ってまったり(ん)

s-IMG_3670.jpg


少しだけうつらうつらしてしまい。泥棒の格好の標的になってしまう(ひょえ)。気を取り直して目を覚ます(ぐらさん)。しかし、周りには大きな荷物を持った人が多い。モスクワへの出稼ぎなのか体積だけはおいらの荷物の2,3倍あったりする。多分、モスクワに行商に来たんだろうなあと思いながら、ぼーっとしていると20時40分。

北京行きの列車は21時30分ぐらい出発なので、そろそろ電光掲示板を見に行こうかなと重い荷物を引きずって時刻表の前に。

はて、未だ北京行きの表示は出ていない(あれ)

ここでまーらいおん大きな勘違いをしているのである(びっくり)

(にんじゃ)つづく(にんじゃ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく
コメント
この記事へのコメント
ぬ~~~~ん
こんばんわ
も~「じらし上手」ですねい!!
すっごく気になりますよ~~(きまずい)
2008/03/14(金) 22:19:40 | URL | まるこ #-[ 編集]
■まるこさん、

今日その勘違いが明らかになりましたので、是非ご覧下さい(ひょえ)(それ)
2008/03/15(土) 01:35:56 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。