海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリア鉄道どうでしょう6-乗車2日目
2008年03月16日 (日) | 編集 |
(だんす)2月27日(だんす)

モスクワ時間午前8時半(同現地時間)に起床。列車の中というのはやっぱ寝た気がしない。寝ている間にも、電車の音や衝撃音でたびたび目を覚ましたりするからだ。とはいっても昨日はモスクワを汗だくになって歩き回ったので眠さには勝てず、断続的ながら7時間は寝た。実際、途中停車駅のGorikii-Moskovskiiは気付かなかったし(ひょえ)

外を見ると一面の雪景色と針葉樹。ひたすら同じ風景が続く(まじ)

s-IMG_3696.jpg


写真のぼけているのは窓ガラスが汚いせいなんです(しょぼ)

途中通り過ぎる川はすべて氷結している。凍った川に穴を開けて釣りをしている人がいますな(ぐらさん)

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します

朝ごはんはアールグレイとヘルシンキで買ったライ麦パン、そして昨日の残りのツナの缶詰、そしてりんご。

お茶のお湯を汲みにサモワール(給湯器)へと向かう。24時間熱いお湯が出るというのは大変便利である(むふ)。熱いお湯の出るサモワールは車掌室のすぐ側にある。お湯を汲みに行くと車掌室からすごくいいにおい立ち込めている(すき)。何かと思ったら鍋などがおいてあって調理をしているようだ。そっちはコンロ付かよー、ずるいじょー(わーん)。そういえば、ヘルシンキ発モスクワ行きの夜行も、車掌室にはお皿や鍋などが置いてあったなあ(あせ)

朝の9時ぐらいから怪しげな中国ポップスがかかり始める。部屋の音量調節をoffにすれば聞こえなくなるのだが、折角なのでONのままにしておく(むふ)

飯を食って暫く呆けていると、午前9時48分に3つ目の停車駅キーロフに到着。

s-IMG_3707.jpg


外の空気を吸おうと外に出ると移動式売店が出ているので物色する。そりの上に商品をおいてホームの上を滑らせている。売っているのは飲み物や韓国製カップ麺(こちらではなぜか多い)、つまみなど。ソーセージがおいしそうだったのでこちらを購入。55Pと書いてあったのに、なぜか75ルーブル取られた・・・。ぼられたのか?(あせ)。あれ(あれ)という顔をしていると、「75Pなんだよ!」と繰り返される。仕方なし(しょぼ)

列車に戻ると間もなく列車は出発。その後、本を読んでいたのだが、眠くなってきてまた寝てしまう(ひょえ)。起きたら午後の1時。やっぱ昨日の夜はよく寝られなかったのか(あれ)。眠っている間に、モスクワとの時差が1時間になる。これから東に向かうに従って少しずつ時差が拡がっていく(まじ)

何はしなくともお腹は空くという事で、お昼ご飯。再びライ麦パンとツナ、ジンジャーティー、そしてさっき買ってきたソーセージを食らう。む、このソーセージなかなかうまい(びっくり)。油加減、塩加減、歯ごたえが絶妙であるな(むふ)

ご飯を食べて本を読んでいるとモスクワ時間13:59(現地時間14:59)にBalezino駅に到着。

s-IMG_3717.jpg


列車からホームの様子を見ると、雪の積もる寒い中、お土産屋さん、食料を持ったおばさんたちが待ち構えている

s-IMG_3722.jpg


むむ、これは買い出しに出ねばなるまい(むふ)。列車を降りると案の定、おばさんたちが駆け寄ってきた。おらー、かかってこんかい(いかり)

おばさん:「ねえねえ、何か買わない?ビールあるよ」

ま:「ビールいらない。カプスタ(キャベツ)ピロシキある?」

と早速Aさんに教わったロシア語を駆使してみる(ひょえ)

おばさん:「カプスタ、二エット」

がーん(ひょえ)。じゃあ、じゃがいもでいいかなと思ったが、今度はじゃがいもというロシア語が出て来ない(ひょえ)。そうこうしているうちにおばさんは興味をなくして、他の客に駆け寄っていった。なかなかクールね(ひょえ)

果物が欲しいなあと果物を持っているおばさんを探していると、みかんを持っているおばさんを発見。早速購入。小さいのが8個入っていて50Pなり。後で食べてみるとかなり甘いみかんであった(すき)。ビールも勧められたが断る。S少尉に貰ったウォッカがいっぱいありますねん(ひょえ)。他に夜飯を仕入れようと物色していると、じゃがいもと肉のお弁当を持っていた人がいたのでこちらを購入。50Pなり。

こちらが購入したお弁当とみかん。

s-IMG_3725.jpg


この駅は、ホームにキオスクもあるので便利。缶詰やたらくんなどが売っていた。食料品以外のおみやげ屋さんも豊富でありました(むふ)

s-IMG_3721.jpg


もう少し見ていたかったが、いい加減寒くなってきたので列車に退散。今度は向かい側に別の長距離列車が到着した。こちら側はもう売れないと判断したおばさん連中たちの興味は、隣の列車に移っていった。うーん、実にたくましいですね(むふ)

Balezinoを出てから踏切を横切るときに不思議なものがあるのを発見。踏切にはストッパーがあるのだ(びっくり)。車が凍った道路を止まりきれずに線路に進入するのを防ぐために、踏み切りの手前の鉄板?みたいなのが持ち上がる仕組みのようだ。それにしてもすごい(あせ)。日本にもこんなのありましたかい?(あれ)

携帯電話は割りとつながっていると思う。というのも線路上に村や町が断続的にあるので、その時にはどこかにアンテナがあるのだ(むふ)。さすがに、村と村の間の何もない所では通じませんでしたけどね(ひょえ)

お茶を汲みにサモワールに行くと、隣のあいた部屋では時間をもてあました中国人車掌がパソコンでDVDを見ている。あれ、電源なんてあったかな?(あれ)と自分の部屋に戻って確認するとドアの側についている。うっしゃー、これでパソコンと携帯電話を充電し放題じゃあ(いかり)。しかし、ここの電源は基本的に切られていると読んだことがある。つまり、こういうことだ。車掌がDVDを見ている間だけ、車両全体の電気が入り電源が使えるのである。と言うことは、彼らがDVDを見終わると電源は切られてしまう。なので、パソコンを優先に充電することにした。彼らのDVDは思った以上に長く(?)、パソコンの充電は完了(ひょえ)。続いて携帯も充電しておいた(ひょえ)

そして夜ご飯。おばさんから購入しておいたじゃがいも、鶏肉弁当でありました(むふ)ちょっと塩が足りなかったので自分で持ってきた塩を振り掛けていただきましたよ(ひょえ)(それ)

夕日がきれいだぜい(むふ)

s-IMG_3732.jpg



列車はPerm駅に到着。

s-IMG_3743.jpg


現地時間は19時30分、モスクワ時間は17時30分。ここに来てモスクワとの時差は+2時間、ヘルシンキとは+3時間である。今日は早い時間に寝られるか心配である(きまずい)。この時差のためか、やたらと時間が過ぎるのが早い気がする。本を読んだり、旅日記をつけたりしている間に、あっという間に時間が経ってしまう。
Perm駅にもキオスクがあります(むふ)。列車の降り口の目の前にあって便利でありました(ぼうし)

s-IMG_3745.jpg


後はこの日は読書してウォッカを飲んで終了。シベリアの100万都市エカテリンブルグの到着を待たずに夜の12時半ぐらいには寝てしまいました(むふ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく
コメント
この記事へのコメント
時差対策をどうやっているのかと思っていましたが、
ウォッカ(わいん)でしたか。
2008/03/17(月) 03:03:32 | URL | joku #A.5s70/U[ 編集]
日本の田舎列車の旅のようで面白そうですね。
駅に泊まる毎にその土地のお土産や駅弁買ったりして。。。
2008/03/17(月) 05:28:47 | URL | MIK #TtwSBZjY[ 編集]
シベリア鉄道の旅日記、楽しく読んでいます。
私たちの若い頃はこれでヨーロッパに行く人がかなりいたけど、
今は車両にマーライオンさん一人ですか(笑)
応援しています。
2008/03/17(月) 14:00:30 | URL | Mike #-[ 編集]
お返事,有難う御座います.分野はちょっと違います.まーらいおんさんに比べたら全然ですが,旅を少しはする地球物理屋ってとこでしょうか.
僕は夏にシベリア鉄道に乗ったのですが,やっぱり冬にも乗りたくなりましたー.
2008/03/17(月) 20:23:50 | URL | しん5 #-[ 編集]
■jokuさん、

眠れない時には更にもう一本飲むという具合でしたな(ひょえ)(それ)

■MIKさん、

駅によって出ているお店の数がかなり違いますが、面白かったです(ばくちく)
夏はもっとお店が出ていて楽しいのかもしれません。
夏にまた乗ってみたいなあ(ん)

■Mikeさん、

コメントどうもありがとうございます(ぺこ)
おいらの乗っていた一等車にはあまりに人が
いなかったので、寂しかったですが
二等車にはたくさんのっていましたね。
今度は二等にしてみたいと思っています(ん)

■しん5さん、

お答えいただきありがとうございます(ぺこ)
いやー、こちら旅のし過ぎでお恥ずかしい限りであります(はず)
地球物理は、同じ建物の隣のセクションがそうでしたねえ(ん)。チェコ人の友達が博士の学生でいました(まじ)

私も今度は夏に乗ってみたいです(ん)
2008/03/17(月) 21:42:27 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
おもいろーい
NHKの旅番組みたいです~楽しいです(はくしゅ)

キオスクは世界中にあるのでしょうか?
チーズとかキャビアは購入されなかったのでしょうか?
お部屋は一人用になっているのでしょうか?
質問ばかりで申し訳ありません。

私はシベリア鉄道の旅なんて後30年は出来そうにありませんので興味津々です。
旅行記楽しいです、ありがとうございます。(わら)
2008/03/17(月) 22:42:45 | URL | まるこ #-[ 編集]
■まるこさん、

楽しんでいただけているようでこちらとしてもうれしいです(ん)

キオスクは世界中にあります。新聞が売っていたり、食べ物が売っていたり(ん)。チーズはキオスクにあったかもしれませんが、キャビアはないかもです(きまずい)。部屋は、もともと二人用なのですがしばらくは一人で使っていました。やっぱ相方はいた方が楽しいかなと思います(ん)

引き続き楽しんでいただければ幸いです(ぺこ)
2008/03/17(月) 23:50:10 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。