海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリア鉄道どうでしょう12-モンゴル編2
2008年03月23日 (日) | 編集 |
(ほし)3月2日昼(ほし)

丁度昼時なので、Dirkさんと食堂車に行くことにしました。この北京行きの国際列車では、国ごとに食堂車が入れ替わるので、それらを比較するのも旅の楽しみでありましょう(むふ)

ロシアを走っているときは食堂車は3号車とやたら遠かったが(おいらの車両は9号車)、モンゴルに入ってから食堂車は2両先に連結されており便利。というか一等車に便利なように汁(いかり)

しかし、モンゴルの食堂車に着くとびっくり(びっくり)

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します


s-IMG_4114.jpg


すげー、ロシアの食堂車と段違いだぜい(びっくり)

なんつってもインテリアがいい感じですな(むふ)

早速席についてメニューを見せてもらう。ウェイターがサラダ、スープ、メインとありますと英語で説明してくれました(ううん)

ま:「これ幾らでっか?(まじ)」

ウェイター:「ルーブル?ドル?モンゴルリアン・トゥグルグ?」

ま「モンゴリアンで(まじ)」

ウェイター:「サラダが3500、スープが6500、メインが9800ね」

たけーよ(ぎょ)。両替した分だとスープしか食べられないじゃん(うる)

ぼったくり両替商めー(いかり)

というか、ここに来てどの通貨でも使えることが判明。両替必要なかったじぇー(わーん)

Dirkさん:「これってモンゴルのスープ?」

ウェイター:「はい、そうです」

Dirkさん:「んじゃ、オレこれにするわ」

ま:「これもモンゴルのスープ?(まじ)」

ウェイター:「はい、そうです」

ま:「んじゃ、おいらはこっちをいただくね(ん)」

んで、来たのがこれ(ぐらさん)

s-IMG_4111.jpg


ちょっと固めのこの肉は、牛なのか羊なのか(あれ)

お味はモツっぽい感じでしたが、付け合せの揚げパンと一緒に食べるとおいしかったです(ん)

ま:「悪くなかったね(ん)」

Dirk:「いやー、なかなかgreatだったな」

グレートかどうかはともかくDirkさんも満足したようである(ひょえ)

コンパートメントに戻って再びゆっくりと読書タイム。ロバート・ハインラインという人の「夏への扉」というSFであるが、読みやすくて話も面白い。黙々と読んでいると、Dirkさんから質問。

Dirk:「なぁ、その本ってどう読むの?左から右?」

ま:「いんや、上から下。そんで右から左(まじ)」

Dirk:「それで、次のページは?右に行くの?」

ま:「いんや、左ですぉ(まじ)」

Dirk:「へー」

としきりに感心するDirkさん。

Dirk:「それって君には英語読むより簡単なの?」

ま:「そうですねー(まじ)」

Dirk:「うーん、難しそうだな~」

その他、どこまでが1単語なのか、中国語は理解できるのかなど聞かれました(ん)

読書に疲れた頃に、シャワータイム。うーん、車内にシャワーがあるってすばらしい(むふ)。1等車は高いだけありますね(きまずい)。ロシアで食堂車に行く途中に2等車両を見てみたが、1等車と比べるとやはり狭い。1コンパートメントで4人なので仕方ないが、今回のように荷物がたくさんあるおいらには辛そうだ(荷物車に荷物を預けることも出来るらしい)。が、友達を作るにはうってつけの環境だと思う。もちろんパートナーが最悪なやつだと1週間最悪になってしまうが・・・(げー)(そういう例も読んだことがある)

そして1週間でコンパートメントを自分の部屋のようにしてしまう人(ひょえ)(それ)

s-IMG_4117.jpg


現時時間15時43分、列車はSain-Shanda駅に到着。

s-IMG_4119.jpg


ここもChoir駅同様で草原の中ある小さな村である。が、やはり外を見ないと気がすまないのが旅人である(ぇ。Dirkさんとともに降りて様子を見てみる。

s-mongolia4.jpg


こちら駅前(まじ)

s-mongolia2.jpg


ホームでは、外売りの売店とキオスクがありました(ぐらさん)

s-IMG_4131.jpg


キオスクの品揃えは悪くありませんね(ん)。でも、列車が止まる時間しか営業していないんだろうなあ(ひょえ)

その他、小さい男の子が草原で拾ってきたと思われるちょっときれいな石を売りに来ていた。売れてないようで、側にいたおばさんが買ってあげたら?みたいなことを言っていたが、生憎モンゴルのお金はもうない(まじ)。また、伝統衣装を来たおばさんがアルミ缶を引っさげて、ミルクだかチーズを売りに来ていた。こちらは大いに興味があったがお金がないんすよー(わーん)

諦めて列車に戻り、出発を待つ。

Dirk:「列車の反対側は見た?」

ま:「いんや(まじ)」

Dirk:「なんもないけどね。駅舎のある側以外は何もないねえ」

ま:「うむ(まじ)」

列車はモンゴルの国境駅Dzamyn-Ude(ザミン・ウデ)駅目指して走り始めた(まじ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく
コメント
この記事へのコメント
食堂車の彫り物?、スゴいですね~(びっくり)(ほし)Dirkさんのスープ、少しだけ見えるけど、どんなのだったのかなあ~~(めがね)野菜がいっぱい??アルミ缶のミルクorチーズも絶対見たいヨーーー(だんす)気になるよーーー(ぎょ)(まねー)
2008/03/24(月) 06:06:03 | URL | keit #-[ 編集]
パートナーのDirkさん、いい方で良かったですね(おんぷ)
この時点では、もう名前覚えてもらえてたんですか?(ひょえ)

ところで、いつも思うのですが、まーらいおんは嫌い(ぶー)・苦手(なみだ)な食べ物ってないんですか?
2008/03/24(月) 12:45:03 | URL | sieni #-[ 編集]
■keitさん、

食堂車は凝っていますよねー(びっくり)
周りの人も(びーる)を飲んだりして楽しんでいました(ん)
Dirkさんのスープも肉系でしたかね(ううん)
アルミ缶に入った食べ物は写真を撮り逃がしました(しょぼ)
おいらも気になったんですけどね~。

■sieniさん、

この時点では、名前できちんと呼んでもらっていましたよ(ひょえ)

嫌いな物ですか?(ううん)
特に食べられないものはないですが、サルミアッキは
やっぱ苦手ですかね(ひょえ)(まて)
基本的に何でも食べます(むふ)
2008/03/24(月) 21:42:39 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。