海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京食い倒れ8-胡同
2008年05月13日 (火) | 編集 |
いったい最近のまーらいおんの韓国ソウルはどうなってんだというようなブログの内容だと思っているまーらいおんです(ひょえ)

ともあれ、中国編は先は終らせておきたいと思います(むふ)

つーか、弟が帰ってからというもの韓国ネタが無い(ひょえ)

んでは、前回の続きいきますよー(むふ)


故宮博物館の見物を終えてどこに行こうかと考えていたまーらいおん(むふ)

そこへ怪しげな中国人が(ひょえ)


banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)
怪しいおっさん:「兄ちゃん、自転車のらへん?胡同案内するで~」

胡同というのは故宮博物館の北に位置する旧市街です。

ま:「んー、今、次どこ行こうか考えているからちょっと待って(あせ)」

おっさん:「胡同面白いよ~」

ま:「あー、黙っていてくれってのが、わからんのかいなー(あせ)」

・・・
・・



s-IMG_4946_20080513220707.jpg

押し切られた(ひょえ)

こっからおっさんに色々案内してもらうわけですが、このおっちゃん、今、英語を勉強中みたいで紙を見ながら必死に色々説明します(ぐらさん)

ここは旧北京大学の裏口だったところだそうで。確かに大学という名の通り名がついていますな(まじ)

s-IMG_4947.jpg


旧市街のこういった平屋に何家族も住んでいるんだそうで。しかも、一部屋だけで3,4人とか(あれ)。んで、トイレも無いとのことですが、だから北京の街中にはこういう人のための公共トイレがたくさんあるのだそうです(ぐらさん)

s-IMG_4949.jpg


お家は住む人の位でランク付けされていて、そのランクは家の前の階段数やこのような石の置物で示されるとの事(ううん)

s-IMG_4953.jpg

ここはかつて毛沢東が住んでいた家で、ここから旧北京大学に通っていたそうです(まじ)

s-IMG_4964.jpg

こちらは今は亡き小平の家族が住んでいるとのこと(まじ)

s-IMG_4973.jpg

次に案内されたのは、なんか歴史的な家。中はお金を払って見学できるようだが、何が貴重なのか分からない(あれ)。ただ、階段の数は多いし、ランクの高い人が住んでいる(いた?)ことは想像出来る。とりあえず、お金を払って入場する(ぐらさん)

どうもお客一人一人に対して、ここの家の人が案内するみたいだけど、あいにく英語を話せる人は他の人を対応しているようだ(しゅっけ)。そこで、おいらには中国語しかできないおばちゃんがついて漢字で説明することに(ひょえ)

中の様子はこんな感じ(ううん)

s-IMG_4981.jpg

しかし、漢字である程度は分かると言え、半々ぐらいといったところか(あれ)

この家の子供も「わかるの~?」と英語で不思議そうに聞いてくる(ひょえ)

もうちっと理解できたらなあと思っていると、突然

「今日は」

という日本語が(びっくり)

後ろを見ると、ここの家の持ち主のような女性が(びっくり)。彼女、日本語がぺらぺらでもう一度全部説明してくれました(ひょえ)

彼女によると、ここは清の最後の皇帝溥儀の親類の住んでいたところ(?)で、彼女自身は溥儀の姪と言っていましたが、彼女の言い間違いかも(きまずい)。ともあれ、親類であるみたいで、文化大革命の時の苦労話を聞かせてくれました。当時、彼女の親類でアメリカ(だったかな?)に留学している人がいて、そういう人を持つ家は非国民であると周りから攻められたそうです。特に、毛沢東の紅衛兵にはひどい目に合わされたらしく、この家もかなり壊されてしまったとのこと。彼女自身も日本に逃げ、戻って来てから昔の資産でなんとか復旧させて今に至ったとの事。その他、色々な興味深い話を聞かせてもらいました。とても楽しかったです。どうもありがとうございました(ぺこ)

s-IMG_4982.jpg

こちら、胡同の自転車乗り場からすぐのところにあります。漢字が読めないので名刺を載せておきます(ひょえ)

IMG_0012.jpg


この後、おっちゃんとは別れたのですが、最後に金の払いで一悶着(ひょえ)。2時間で180元って最初に言っていたのに、200元とか言いやがるもんだから、180元だけ受け取らせて別れました(ひょえ)

この後、刀削麺を食べたのですが、写真は完全に撮り忘れました(ひょえ)

あのおっさんのせいにしておきます(むふ)(ぇ

続く(ばら)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)
コメント
この記事へのコメント
何だかもぉ心配でしょうがないですw ^^;
恋人とか家族じゃなくてホント良かった(ぁ
お母さんになった気分ですwww(´艸`o)゚
2008/05/14(水) 01:42:18 | URL | メル #HYn7E9XE[ 編集]
すごい自転車ツアーですねえ・・とても興味深いです(めがね)おじさんとやりとりしてついて行くまーらいおんさんの行動力もスゴイ!!!(ぐっど)さすがです(はくしゅ)溥儀の姪だとおっしゃる女性の方、なんだか気品に溢れてる気がします~(はーと)毛沢東のお家だ、鄧小平のご家族のお家だ、なんて・・・そんな方々のお家そばで見られるんですねえ。。。(びっくり)ほんとに興味深いお話でした(にこ)でもご飯がないのね(うふ)ちょっとさみしい。。。(なみだ)明日からまたしばらくフィン外です。
2008/05/14(水) 04:10:52 | URL | keit #-[ 編集]
■メルさん、

うーん、心配になってきちゃいますか?(きまずい)
ということは、おいらの親とかはこれを見て
心配しているということでしょうかねヽ(゜∀。)ノ
危険度で言えば南米の方がはるかにやばかったかな(ひょえ)
(ペルー編興味あったらみてください(むふ))

■keitさん、

自転車は乗ろうかなと思っていたので、いいんですが
ちょっとぼったくられたかなと思っています(きまずい)
溥儀の姪の方はなんというか教養と気品があって、そこらの
北京市民とは違うという感じがしました(ぇ
明日からお出かけという事ですが、どうぞお気をつけて
行ってきてください(ぺこ)
2008/05/14(水) 12:41:27 | URL | まーらいおん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。